サラ・ブライトマンの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介!ディーヴァ

何をするときもつい聞きたくなってしまいます。映画!「アマルフィ」の主題歌となった!”タイム・トゥ・セイ・グッバイ”はアマルフィバージョンの方が!サラが全部歌っていて好きです。ドライブ中に聴いているとイライラしなくて済むかも。

コレです!

2017年04月28日 ランキング上位商品↑

ディーヴァ サラ・ブライトマン輝けるディーヴァ 〜ベスト・オブ・サラ・ブライトマン〜 [ サラ・ブライトマン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

長距離ドライヴにも最適です(笑)サラをスターにした「オペラ座の怪人」は、エミー・ロッサムが私の中でのベスト オブ ファントムジオペラなので、いまいち。ただ、このアルバムの曲はソロばかりではなくデュエットもあるので、彼女の歌声だけを聴きたい方は注意です。この分野のCDは初めて購入し聴いていますが!初心者でも聴きやすくていいです。穏やかな気分で眠れます。そして!何と言っても声!です!!天から降り注いでくるやさしい光のような!森の中のそよ風のような・・・。個人的に今のサラ・ブライトマンの深みのある歌声が好きなので★4つ。有名曲のカヴァーが多く!聴きなじみがあります。購入してよかったです。さわやかな空気になります今更説明するまでもないですが、さすが歌姫という感じです。何度も聴いてしまいました。CMやテレビ番組のオープニングで使われているお馴染みの曲も入っていますし、サラが歌う曲の中で代表的なものがしっかり入っている1枚ですので、持っていて損はありません。リラックスできていいですね。何より、世界屈指の美しいソプラノを軸としたクリエイティブな表現力は、聴いていてとても癒されますし、サラの20年間の集大成という意味でも素晴らしいと思います。サッカーが好きなので!TV朝日?の日本代表のメインテーマ曲が入っていて嬉しかったです。車の中で毎日きいて美しい声に癒されています。とにかく!癒し系の声です。買おうかどうしようか迷ってるなら買っちゃって下さい。ベスト版なので、聞きやすい曲が選ばれていて、お勧めの作品ではないでしょうか。(ベスト版は男性と。本格派にお奨めです。サラ・ブライトマンは、現在の音楽シーンにクラシカル・クロスオーバーというジャンルをもたらした第一人者ですが、2006年に発表されたこの『DIVA〜The Singles Collection』ではポップスを中心にベスト・ヒット曲から選曲されており、誰でも一度は聴いた事がある曲があると思います。)”サラバンド”は文句なしの圧倒的なソプラノで感動します。総合的に私はお勧めです。映画を観てからの購入です。 綺麗な声で癒されます。夜、寝る準備をしながら聴いています。選曲は『タイム・トゥ・セイ・グッバイ/Time To Say Goodbye(Timeless)』('97年)、『エデン/Eden』('99年)、『ラ・ルーナ/La Luna』('00年)、『ハレム/Harem』('03年)の 4作品からが中心ですが、ユニバーサルミュージック時代の『ファントム・オブ・ジ・オペラ/Phantom Of The Opera』('86年)、『アンドリュー・ロイド・ウェバー・ソング・ブック/Sings The Music Of Andrew Lloyd Webber』('92年)やエンジェルレコード(EMIミュージック)移籍後の『クエスチョン・オブ・オナー/Fly」('96年)などからも収録されています。私は夜の残業中に聴いてます。昔のサラ・ブライトマンの歌声と近年のサラ・ブライトマンの歌声が聴けます。欲を言えば!ベスト版ならアべマリアを入れて欲しかったなぁと思うので★−1。落ち着いた感じで!仕事もはかどります。レンタルよりオリジナル?持ってた方が良いですよ〜。癒されます。よく知られている曲ばかりで、サラのCDを初めて購入する者にとっては、よかったです。美声が素晴らしい♪アンドレアと唄うTime to say good byeもGood♪サラブライトマン入門CDオススメNo1です♪高音の美しい歌声に癒されます。10年後に聴いても良いと思います。タイタニックの曲!本当にいいです。引き付けられる声域はまさに歌姫ですね。早速聴いてみました。ぜひ購入して後悔なしのCDです。損はないですよ!透明なのびやかな声は必聴です。聴き応えバッチリです。透明感のある高音で!夜布団に入りながら聞いて癒されつつ寝てます。念のため!ツタヤでレンタルしてから!購入を決めました。2006年のアルバムですが!古さも全然感じません。サラ・ブライトマンの歌声をニュース特集の中で聞いて!初めて知りました。昨日商品が届きました。テレビでよく聴く曲もあれこれありました。どの曲もどこかで聴いたことがあるせいか、安心して聴けました。。何度聴いても!飽きがこないアルバムです。